FC2ブログ
2009. 10. 26  
《物書堂》さんからMacの日本語入力ソフト『かわせみ』が本日発売になりました!
かつてエルゴソフトで販売されていたegbridgeの後継となるソフトです。

物書堂



いや~ホントに今まで長かったです。
悪夢のようなエルゴソフト解散から二年半。
私はとても不器用だから、使い慣れたEGWORD、egbridgeでなければ書けないのです。でも、egbridgeの後継ソフトが無事生まれ、これでEGWORD復活の希望も見えて参りました。

Macユーザー以外にはあまり知られていないことですが、Macにはプレインストールされたものより古いOSをインストールすることが出来ません。
MacOSの切り替え速度はだいたい三年おきくらい。その後はMac本体を替えたらOSも新しくなるのです。ソフトメーカーが存続していれば新OSへの対応がなされますが、会社がなくなってしまったらもう対応はなくなります。そのソフトは使えなくなるのです。
そんなわけで、エルゴソフト解散のニュースを聞いたときにはもう目の前が真っ暗に……;
現行のMacが使えなくなったら私も物書き廃業かと思いました。

なんでそうまでしてMacで書くの? と言われそうですね。
これもあまり知られていないことかも知れませんが、Macのfont表示は実に美しいのです。
Macの液晶画面で見るヒラギノ明朝体は印刷製本された本の文字と比べて遜色がありません。
そして日本語ワープロEGWORDの存在。
縦書き横スクロール、自由な段組とレイアウト、余白行間字間文字数の自由設定。紙とほとんど同じ感覚です。一度使ったら手放せないです。


「かわせみ」はleopardとSnowleopardにネイティブ対応。インストールしてみましたが、egbridgeの環境、辞書はそのまま引き継いで使えます。egbridgeから「かわせみ」に変わったことに気付かないくらいです。
これでSnowleopardの機種までは安心して使えるようになりました。
今あるMacを大事に使いながらEGWORDの後継ソフトの誕生を待ちます!






2008. 09. 11  
「復元」をしてから数日、順調だったnanoたんがまたフリーズするようになりました……;
リセットしたら再び動き出しましたが、ナイキ+の前半の記録が消えてる~~('_;)
今日も普通に音楽を聞いてるだけでフリーズ。nanoたん~~しっかりしておくれ~~まだ買って一年半じゃないですか~~

と、思っていたらアップルさんから新nanoのお知らせ来ましたよ……; タイミング良過ぎです。買いませんよ~~新nano。まだこのnanoたんには頑張って貰うんですから!
2008. 09. 03  
iPodnanoにナイキ+を装着して散歩に出掛けようとしたところ、50メートルもいかないうちにフリーズ。真っ黒地に林檎マークが出ています。フリーズは珍しくないのでリセットして再出発……したんですが、またフリーズ。三度目で諦めてナイキ+を外して音楽だけにしても、またフリーズ。真っ黒リンゴになってます……('_;)

思えば少し前からナイキが「半分きました」「あと500メートルです」「おめでとう、目標をクリア」などと言わなくなったので変だな~~とは思っていたのですが……。iPod本体の不調だったとは。仕方なくiPodの「復元」をしてみました。iPodを初期化して出荷時の状態に戻すもの。これで治らなかったら機械的故障ということになりますねえ……;
復元後、音楽ファイルを少しずつコピー。今のところ動いているみたいですが、大丈夫かな……(^^;)

あ、それで今日の散歩は0.02キロになってますが、これはフリーズするまでの距離です。3キロくらいは歩いた筈なんですよ~~本当ですよ~~。
2008. 04. 02  
エルゴソフトでEGWORD、egbridgeを開発しておられた廣瀬則仁氏が新会社「物書堂」を起ち上げられ、日本語ワープロの開発を続けられるそうです……!

http://www.monokakido.jp/about.html

バンザ~イ! これでMacで書き続けられる希望が出てきました……;
一月にエルゴソフト解散のニュースが入ってきたときはもうどうしようかと思いました……(ioi)

例えば、今もっているEGWORDのDVDが破損したり、MacOSが大きく変わったら今までに書いたEGWORD形式のファイルがすべて開けなくなる危険を孕んでいたわけです。
そして今後は日本語純正ワープロがなくなってしまう可能性も……!
ワープロ専用機がなくなったときの悪夢を思い出して目の前が真っ暗になる思いでした。

でも、これで希望が出てきました。EGWORD14、EGWORDuniversalを大事に使いながら新しい日本語ワープロの誕生を待っています……。
2008. 01. 29  
エルゴソフトがMacから撤退し、Mac用ワープロソフトのEGWORDがなくなってしまいます……;
素晴らしいソフトだったのに……

使ったことがない人にワープロソフトという地味なものについていくら「良いんだよ」と言っても理解してもらうことは難しいと思います。
でも、地味に素晴らしいソフトでした。
ワープロ専用機から移行してストレスがほとんどないくらい遣いやすく、高速で、Mac上でほぼ紙と同じ日本語環境を再現してくれるソフトでした。

思えば「裏庭で影がまどろむ昼下がり」ではじめての原稿料を頂いた時に買ったのが初代iMac大福とこのEGWORDだったのです。原稿料はスズメの涙で、足が出ましたが後悔しませんでした。「ラノン」の2話「晴れた日は魔法日和」以降、「モンスターズ・イン・パラダイス」まではすべてMacとEGWORDで書いたのです。

毎年新しいバージョンにアップグレードして来ましたが、バージョンアップがなくなるためMacの新しいOSでは次第に使えなくなってしまいます。レオパードはぎりぎり対応済みですが、今後はどうなるか分からないのでMacを買い替えるのは止めて、今あるtigerOSで出来るだけ長くEGWORDを使えるようにしようと思います。tigerのパッケージ版も一つ買ってあるので、古いパワーブックにもこれを入れて使えるようにしようと。それで数年は持ちますが、その後はどうなるのでしょうか。
Macで美しい日本語環境が実現出来なくなったら否応なくウィンドウズに移行しなければならないかもしれません……;


MacとEGWORDは今までずっと私の創作活動を支えてくれました。ありがとうございました……m(_ _)m

開発者のブログ↓
http://norihito.typepad.com/weblog/2008/01/post-9.html

2007. 11. 30  
ドナドナされていたMac miniが戻ってきました。外見は同じですが、中は別人…………ハードディスク換装でした…………。行きも帰りも福山通運の送迎つき。
applecareのプロテクトプランに入っていたので買った当所の20000円だけで済みました。appleストアはハードディスク換装高いそうです……(^_^;) でも、miniは特殊な工具がないと開けられないとかで、他所に頼むのは心配ですしね……appleで修理して修理後調子が悪ければ再修理は無料らしいし……。

OSがなぜか一段低いのに入れ替えられていたので元に戻したりデータ戻したり。まだソフトの追加まで手が回らんです……(^_^;) 

今回思ったのは、システムに不安があるときOSアップデートなんかしちゃダメってことでした。随分前からセーフモード(shift を押しながら起動するとミニマムなシステム起動してディスクの点検を行う)で立ち上げられないという問題があって、でも日常使う分にはセーフブート出来なくても別にいいや……と思っていたわけです。firstaidをかけても異常なしだったし。
でも、やっぱり健康ではなかったわけで、そこへOSアップデートのような激しい運動をさせたことがハードディスクにとどめを刺したようです(アップデート時はハードディスクが激しく動きますので……)

インストールディスクに付属しているfirstaidは軽い損傷ならなおしてくれますが、大きな損傷はダメみたい。他社製のを買おうかなあ~~と思うけれど、あと一年は保証期間だし……まあ、修理に出したらデータは諦めなので、サルベージソフトか修復ソフトを持っていた方が安心は安心なんですよね~~。買うとしたらディスクウォーリアかなあ……。ノートン先生とはきっぱりお別れしましたし……iMacが酷い目に遭いましたので……('_;)
2007. 11. 20  
Mac miniを修理に出すことになりました。買った直後からなんだか身体が弱いようだったんですが、ついに……('_;) 
こないだうちから変ではあったのです。フリーズする、その後セーフモードで起動できない、ログインページでパスワードが入れられない、なのに通常モードでは起動出来ちゃう。ディスクユーティリティーをかけても「異常なし」なので、まあいいか~~とそのまま使っていたんです。が、先週、電源を切ってはずの時に起動し(予約が入っていればあり得ない動作ではないのです。でも起動予約は「オフ」になっていました……)ひとしきりiTunesで音楽を演奏したあと勝手に修了。
変だな~~と思いつつもOSアップデーターが来ていたので何気なくポチしてしまったら……やられました。インストール終了後、どうあっても再起動できず。

それでもまだ甘くみてたのです。最悪の場合でもクリーンインストールすればいいと。夏ごろから上記の症状はあったので別のMac (今書き込みしてるやつ)に全データを移行して、仕事もそっちに移して旧miniはbackup用にしてたので、データを戻すだけなら簡単、と思ってました。

インストールディスクを入れてCを押しながら起動……しようとしたら、Macの中から「ばこっ!」か「がこっ!」というようなすごい音が一度響いたのです! DVDが中で動くときのしゃこしゃこかりかりいう軽い音ではなく、物理的に何かが激しくぶつかった音、としか言いようがない。これはやばいかも、と思いながらユーティリティーで「ディスクの修復」(ユーティリティーが起ち上がるまで10分かかった)。ようやくユーティリティー画面になるも、「修復できませんでした」になる。インストーラが終了できない。ユーティリティーでハードディスク全消去、クリーンインストールを試みるも、「OS Xのインストールに失敗しました」となって終わる。何度か再トライして失敗したあと再起動のためディスクを選択……しようとすると、インストールディスクしか画面に出てこない。ゼロを書きこみでやりなおしても同じ。HDが見えません……。

これは所謂「ハードディスクの物理的クラッシュ」って奴じゃないでしょうか……

appleストアに電話して説明したらもう預かって修理しかないでしょうとのこと。うう~。
私はうっかりしてたのですが、このMac miniはapplecare(保険)に入っていたことが向こうの記録から判明。
買ったとき、銀座のショップで用途はテキスト系とiTunesとブラウザくらいだ、と言ったらストアのオニイサンにそんならメモリ増設しないでいい、その分でapplecareに入った方がいいよ、と強く勧められ、そんなら……とcareに入っていたのです。メモリ増設より安かったし……入っててヨカッタ~~~(^_^;)!

そういうわけで、もうじき福山通運が引き取りにきます……ドナドナです……。
2007. 10. 14  
なんか変です。
パソに向かっている間中(つまり一日中)itunes のパーティーシャッフルで音楽をかけっぱなしにしているんですが、このところ一日一回はフリーズします。使い始めてすぐではなく、三時間くらい経った頃に発生する模様。

とりあえず、PRAMクリアしましたが駄目。セーフbootで問題なく起ち上がったけど次に再起動してitunes を使っていたらまたフリーズ。もう起動ディスクからディスクの検証やるしかないのか~~でも起動ディスクどこだっけ……としているうちに、ふと初期設定を捨ててみていないことに気付きました。で、システムフォルダのitunes_plistを捨てて再起動。…………いまのところ、フリーズしないで演奏してます。このまま治ってくれれば起動ディスクを探さなくて良いんですが…………(^_^;)

あ、itunes に効き目がなかったセーフブートですが、意外なことに効きました。このMacmini、電源を落とすたびにipアドレスが変わって数値がどんどん大きくなってしまい、ルーターアドレス以下の部分が三桁になってしまったうえ、他のMac側から接続しようとすると「安全に送信されません」と言われるので、え~~と思ってたんですが、なぜかアドレス固定されました。逆向きに接続しても「安全に送信されません」と出なくなりました。PRAMクリアとセーフブート、どちらが効いたのか分かりませんが……
2007. 04. 22  
昨日、ナイキプラスの専用シューズをおろしてセンサーを装着したので、今日は初Nike+に挑戦しました。スタートの仕方がなかなか判らず……あ、真ん中のボタン押せば良かったのね(^_^;)

いきなり英語で命令されてびっくり。音声フィードバック・オンってこういうことか~~。オフにしとけば喋らないんですね……。
靴の履き心地はまあ普通。いままで履いていたリーボックのスニーカーが24センチで、ナイキは24.5にしたので見た目がえらくでかいです。それに紫色……。

初日なので目標設定はせず、ただ距離と時間と消費カロリーの表示にしました。
いつもの公園まで行き、そこでぶらぶらせずにまっすぐ帰ってきました。結果、距離3.72キロ、時間40分37秒、消費カロリー183キロカロリー。

40分で3.72キロなんて歩いてない気がする……。これはおそらくもっと長い足が想定されているに違いないです……。コースから考えると2.7キロくらいじゃないかと……
そのへんの調整は出来るらしいのですが、やり方が判らず本日は挫折。
まあ、そのうちに解明を~~(^_^;)

2007. 04. 21  
なかなかipod nanoの機能が解明できないでいるのですが、あいぽっど歩数計はどうやら私の8ギガnanoでも使えるようです。やっとメニューの出し方が判りました……(^_^;)
しかしメニューを出したら次はいろいろ設定せねばならんことが……簡単に始められる、筈だったんですが……。

そういうわけで、まだ使えておりません。しかし、専用シューズは買いましたとも! 最初、パチもんのケース(専用シューズじゃない靴の靴ひもにくっつける)にしようかと思ったんですが、なんだか心許ない感じだったので……(^_^;) 
シューズはゴツいのでちょっとでもオシャレにしようと思い、紫色にしました。えらい派手です←選択を誤ったかも。シューズの左足の「穴」にセンサーを入れて無線でデータを飛ばし、それをipod nanoで管理する、というものらしいです。

ふと思ったんですが、この靴を投げたり落としたりした場合はデータがめちゃめちゃになるんでしょうね……(^_^;)

とにかく靴の穴にセンサー入れたから、明日は始められるかな~。
2007. 04. 06  
アップルのサイトでこんなもの見つけました↓

http://store.apple.com/0120-APPLE-1/WebObjects/japanstore.woa/wa/RSLID?mco=BEFF0636&nplm=MA365J%2FB


靴に取り付ける万歩計? みたいなもの。歩数、キロ数、消費カロリーなんかをiPod で管理できるらしい……お値段も3400円と手頃。ちょっと良いかも……散歩計画も展望がないとすぐポシャるし、何か目標があれば少しは続くかも……。ただし、これは私のiPodminiでは使えないので、nanoを買わねばならないのですが……いえ、nanoが欲しくてサイトを見ていて発見したんですけども……(^_^;)

そしてさらに重大な落とし穴は、これを使うにはナイキの専用のシューズが必要だということ!
うう~~どうしよう~~。アメリカでは他の靴の靴ひもにくっつけるパチもんのケースが出てるみたいですが……(^_^;)
2007. 03. 12  
去年の夏、右手親指が腱鞘炎らしき症状を呈し、どうやらキーボードのせいではないかということになりました。湿布などしても全然治らず。そこで、指への負担が少ないというパンタグラフ・キー(ノーパソと同じタイプ)のキーボードに変えてみました。効果覿面。2ヶ月後には指の痛み、忘れてました! あ~あっぱりキーボードのせいだったのね……今まで林檎純正品を疑いもなく使っていたんですが。しかし、お試しのつもりだったので買ったのは2000円ちょいの極安品。不満が無いわけではないのです。それで捜したのがレノボ(IBM)のトラベル用キーボード。トラックパッド付きというのが魅力で……ウルトラナビ付き? なにそれ? と思ったのですが買っちゃいました(^_^;)

さて、イザ届いてみるとウルトラナビはなかなか便利でした。ちょいちょいと触るだけでカーソルがぴゅんぴゅん動くのです。これはいいかも。テンキーのないコンパクトなタイプなので机の上を広く使える……ゲラ作業が楽!←これが第一目的。

しかし、Mac用じゃないので問題もあります。Mac特有のコマンドキーがないのです。このキーで基本のショートカットをほとんどこなしているのでこれがないと大変に不便。
さがしてみたところ、サードパーティーがシェアウェアを出してましたv WinK for OSXというソフトです。http://www.trinityworks.co.jp/software/WinKOSX/

1780円也。おお、これいいじゃないですか! 至れり尽くせり! 支払い方法は?

 「お支払いはジャパンネット銀行で」…………ジャパンネット銀行ってナニ…………? 
  郵便局からは振り込めないんでしょうか……(汗)

2007. 02. 04  
愛用のiPodmini、近ごろとみに電池の減りが早くなって参りました。二年間の電池無料交換サポートに入ってたんですが、その期間が過ぎた頃から電池のヘタりが加速したような。これがappleタイマーなんでしょうか……。電池はバカに高いのでそうなると俄然新しいのが欲しくなります。次は当然iPodナノ! appleはここぞとばかりにiPodnanoの宣伝メールを送り付けてくるし……あう~。

http://www.apple.com/jp/ipodnano/red/

この八ギガの赤い奴が欲しいわけなんですが、色は赤じゃなくて緑がいいのです。この赤、何だかギラギラしていて厭な感じ。カスタマイズの刻印サービスはやってますが、赤を緑にしてくれと言ったらダメなんでしょうか。やっぱダメなんでしょうね~~(^_^;)
2006. 12. 10  
注文してあったキーボードが届きました。2580円という激安価格のBuffalo。デリートキーが大きく記号キーが一段左にズレている、というのはレビューで判ってたんですが、仮名タイパーじゃないのでこれはそれほど気になりません。それよりキャップスロックとコントロールの位置が逆なのに驚きました。でも慣れればどうということはないかな~。キータッチは思ったより重め。ノーパソよりは重く、アップル純正よりは軽いという感じです。キーがぐらつかないのとどこを叩いても同じに入力出来るので長時間使えば差が出るかも。
とりあえずMacで使えるパンタグラフ式で一番安いの、ということだったのでこれでしばらく様子を見てという感じでね。素材感はさすがに安っぽく、あまり長持ちは期待できないような気がします……。USB接続なので電池が要らなくなった分、経済的。電池の消費、莫迦にならなかったんですよ~(いま、~と間違えて|を打っちゃった……^_^;)
みちのく未来基金
プロフィール

Riri Shimada

  • Author:Riri Shimada
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。
公式サイト 
新・よこしまです。

日別アーカイブ
QRコード
QR