縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

《花々のゆううつ》

《花々のゆううつ》ようやっとゲットいたしました。尼損では3日かかるというので本屋タウンさんへ。ブツはすぐに来たのですが、受け取り書店になかなか行けずプチ敗北……。

今回も良かったです~。【うるわしの英国】シリーズ4冊め。コーネリアス、例によって結婚できません! っていうか、オビに堂々と書いてある。「英国版”結婚できない男”」。あははは~。最初はそういうコンセプトじゃなかったんだと思いますけど、すっかりそうなっちゃってますね。コーネリアスの周囲の人間はどんどんラブ成就していくのですが……彼はすっかりキューピッド(笑)。

恋愛モノが苦手(書くのみならず読むのも)な私なんですが、波津さんの描く恋愛モノは大丈夫なんですよね~。登場人物がオトナだからでしょうか。このシリーズの場合はコーネリアスはいつも傍観者で、恋愛の渦中にないということもありますけれど。
この巻から登場した心霊学会親子もいいキャラでしたv ヴィクトリア時代と言えば降霊術、降霊術といえばヴィクトリア時代っていうくらいで、この時代はホントに盛んだったらしいですね。この新キャラのお陰でいままで少なかった幽霊話が多くなってます。学者父さんの鈍感ぶり、可愛いなあ……。

もちろん「ヴィルヘルム某日」つき。今や主人公より人気があるという……(^_^;) そういえば、昔イギリスで長く泊まっていた宿にヴィルヘルムによく似た長毛の黒白猫がいたんですよ。名前はベンジャミン。すご~~くエラそうで、いつもロビーの一番良い椅子に寝そべってました。写真を撮った筈なんですが、ちょっと今見つからないです……。見つけたらアップしますね~。

花々のゆううつ 花々のゆううつ
波津 彬子 (2006/12/21)
小学館
この商品の詳細を見る


*Comment

そういえば 

今市子さまの「百鬼夜行抄⑮」も発売されましたよ。入荷した日に買っちゃった♪
尾白と尾黒もちょっぴり活躍しますよ。しかも、2月からテレビドラマ化決定しました。
詳しくは↓をどうぞ
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/200701/graph/07/
  • posted by まもる 
  • URL 
  • 2007.01/26 00:46分 
  • [Edit]

尾黒&尾白v 

「百鬼夜行」は途中までハンパに友達に借りて読んでしまったので、文庫版でちまちま集めようかと……(^_^;) それよりも「文鳥様と私」が知らない間に8巻まで出ていることに気づき、衝撃。2巻くらいまでしか読んでいないような……! ああ~また買う物が増える~~。

しかし、テレビドラマ化は嬉しいような、不安なようなですねえ~。「のだめ」は原作の雰囲気をかなりうまく再現していた思うけれど……。
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2007.01/26 09:58分 
  • [Edit]

実写ドラマは 

期待しないでいたほうががっかりしないですみますからね。
それより、尾白と尾黒は本物の文鳥様を使うのでしょうか?
  • posted by まもる 
  • URL 
  • 2007.01/26 10:37分 
  • [Edit]

尾白、尾黒 

CGじゃないでしょうかね~。リンク先を見てきたのですが、「全12話/放送9話、DVD3話」ってなんですか~~(◎_◎)?! 
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2007.01/26 11:01分 
  • [Edit]

最近の傾向ですが 

つまりですね、テレビでは最後の3話を放送しないからDVDを買えということです。アニメでも最後の3話ほど手前で放送を打ち切り、続きはCSか地方局でどうぞというのがあって、うちの腐女子が激怒しておりました。要するに、テレビ局はもうオワタ
  • posted by まもる 
  • URL 
  • 2007.01/26 14:02分 
  • [Edit]

あ~~。 

そういう仕組みなんですね。商売上手というかなんというか。本放送も深夜だし、初めからDVDの宣伝用って感じなんでしょうか。
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2007.01/26 17:01分 
  • [Edit]

そもそも 

スポンサーがDVDの製作会社だったりしますから、深夜のアニメやドラマの多くがDVDを買わせるための餌のようなものかもしれませんね。
  • posted by まもる 
  • URL 
  • 2007.01/27 21:02分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR