縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

タイトル。

プチ文庫の方の短編のタイトルは決まったんですが、文庫2巻の書き下ろしの方のタイトルが決まらない……。タイトル、難しいです。わたしはタイトルのストックというのを作っていて、漢字や単語がたくさん羅列してあるのですがほとんどの場合そこから使うことはなくてストックを眺めているうちに新しいのがパッと浮かぶのです。でも内容を表していてネタバレでなく印象的なもの、出来れば言いやすく語呂の良いもの……と、思うとなかなか決まりません……(^_^;) 私の場合、いろいろ入れようとして長くなる傾向にありますね。今のシリーズタイトルも長い。20個以上考えた中から担当さんと相談して決めたんですが……。

短編の場合は、あまり長いタイトルだとタイトル負けしますね。……あ。裏庭読み切りで「雨上がり、虹の浮かんだ水たまり」があったか……これ本編はすごく短かったんだった……(裏庭はだいたいどれも長かったですね……^_^;)

*Comment

NoTitle 

「雨上がり・・・」
俳句かと思いましたよ(^^)
ちゃんと(?)五七五になってる(笑)
  • posted by たまにゃ 
  • URL 
  • 2007.02/23 23:36分 
  • [Edit]

裏庭に…… 

シリーズタイトルの「裏庭に……」も五七五だと言われました……(笑)
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2007.02/24 00:05分 
  • [Edit]

ここもずいぶん 

春めいてきましたね。どこかにメジロはいないかな? 
  • posted by まもる 
  • URL 
  • 2007.02/24 14:21分 
  • [Edit]

バレンタインも終わったので…… 

梅柄にしてみました(^_^;)
昨日の雨で近所の梅は一気に開きましたよ~
もう8分咲きくらい。メジロは見かけないけど、ときどきウグイスの声がします♪
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2007.02/24 15:55分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR