縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

霧。

今日のオヤツは無印の《青梅入りチーズタルト》でした。チーズタルト新製品です。いままでの中で一番素材が自己主張してたと思います。青梅の甘煮を刻んだもの(?)がチーズタルトの上にたっぷりトッピング。歯触り、酸味とも爽やかでした。

今朝早めに起きてカーテンを開けたら、世界が真っ白でした……。霧です。霧で何も見えないのです。ポタージュスープのような、という表現がぴったりの濃霧を初めて見ました。文字通り一寸先も見えない、隣の敷地も見えないのです。いや~びっくりしました。この辺は霧が多い、という話は聞いていたのですが……。一瞬、スティーブン・キングの「ザ・フォグ」に迷い込んだかと……(^_^;) この濃霧、ほんの30分ほどで跡形もなく消えました。仙台でも霧は良く出たのですが、遠くから流れてくる海霧なのでこんなに濃いことはありませんでした。新しい土地でまた珍しいものをみました。

*Comment

 

そういう霧なら違う世界を散歩できるかも。…15分で戻れるかは知りませんが。めずらしいおやつが売っているかも…。でも、食べたらどうなりますか…。
  • posted by 白髪太夫 
  • URL 
  • 2005.03/31 16:35分 
  • [Edit]

向こう側のおやつ 

霧の向こうのおやつ、何を売っているんでしょうか……。
食べてみたい気も。「アリスのおやつ」なら大きくなったり縮んだりする程度で済みそうですが。
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2005.03/31 20:07分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR