縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

フランスパン工房。

ひさびさにおやつエントリ。この所おやつがマンネリ化してたんですが、久しぶりにちょっと変わったものを食べました。「フランスパン工房」です。>たまにゃさん、情報ありがとうございました~v

フランスパンのチップス? 前からあるパン菓子「コパン」はころっとしてますが、これは極限の薄さ。ポテチ並です。むしろ紙のように薄い。ビックリの食感。さくっとして舌の上で溶けてなくなります。塩味を買ったつもりでバターシュガー味を買ってしまったんですけどコーヒー・紅茶に合いますねv 焼き菓子なのでカロリー控え目。
次は塩味を買ってオツマミにしよう~~♪

でも「フランスパン工房」って名前はあまり体を表していない気がします。ひたすら薄い! パリパリ! を強調するようなネーミングにしたほうが分かり易いのに~~と思いました。これだと「コパン」との差別化が図れないですよ~~。

*Comment

コンビニで 

美輪さんがバイトしてるぐらい驚きです(笑)

 http://www.082.oyatsu.co.jp/product/french/index.html
  • posted by まもる 
  • URL 
  • 2007.07/11 23:23分 
  • [Edit]

実際に。 

一分の一サイズで店内に立っておられるんですよ……(^_^;)
近寄るのはちょっと勇気がいるですよ……
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2007.07/11 23:28分 
  • [Edit]

つまり 

色付きの文字

フランスパンで戦うわけですな>フランスパン攻防
「スパルタ・コパン」を支持します(微笑)
  • posted by 匍匐仮面 
  • URL 
  • 2007.07/12 12:02分 
  • [Edit]

どっちが勝つか~ 

コパンはサラダ味が好きだったのに、このごろ見かけません……('_;)
フランスパン工房はまだ塩味を食していないので、勝負はこれからですね~
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2007.07/12 12:46分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR