縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

Macん退院。

ドナドナされていたMac miniが戻ってきました。外見は同じですが、中は別人…………ハードディスク換装でした…………。行きも帰りも福山通運の送迎つき。
applecareのプロテクトプランに入っていたので買った当所の20000円だけで済みました。appleストアはハードディスク換装高いそうです……(^_^;) でも、miniは特殊な工具がないと開けられないとかで、他所に頼むのは心配ですしね……appleで修理して修理後調子が悪ければ再修理は無料らしいし……。

OSがなぜか一段低いのに入れ替えられていたので元に戻したりデータ戻したり。まだソフトの追加まで手が回らんです……(^_^;) 

今回思ったのは、システムに不安があるときOSアップデートなんかしちゃダメってことでした。随分前からセーフモード(shift を押しながら起動するとミニマムなシステム起動してディスクの点検を行う)で立ち上げられないという問題があって、でも日常使う分にはセーフブート出来なくても別にいいや……と思っていたわけです。firstaidをかけても異常なしだったし。
でも、やっぱり健康ではなかったわけで、そこへOSアップデートのような激しい運動をさせたことがハードディスクにとどめを刺したようです(アップデート時はハードディスクが激しく動きますので……)

インストールディスクに付属しているfirstaidは軽い損傷ならなおしてくれますが、大きな損傷はダメみたい。他社製のを買おうかなあ~~と思うけれど、あと一年は保証期間だし……まあ、修理に出したらデータは諦めなので、サルベージソフトか修復ソフトを持っていた方が安心は安心なんですよね~~。買うとしたらディスクウォーリアかなあ……。ノートン先生とはきっぱりお別れしましたし……iMacが酷い目に遭いましたので……('_;)

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR