縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

眼鏡が!

帰ってきました! 異次元からよくぞ無事で……←違う。

どこにあったかというと、居間の椅子の座面と背もたれの間です。よくそんなとこにあって潰されなかった……! 昨日から何度もその椅子に座ってたんですよ……(^^;)

やっぱり異次元……だったのかしら……;

*Comment

おめでとう!(笑) 

やっぱ異次元でしょう!

うちであった最近(っても一年くらい前)の異次元物語は、若様の口の中にワームホールか何かが出現したようでした。
結構大きな水牛の角でできたストラップのオブジェがですね、見当たらなくなって1日たって、ご飯食べさせてたら、かぽっと若様の口から出てきました。
傷だらけになってましたよ。
っていうか、一日も口の中に入ってるわけないけど、でもあんなものが胃の中に…そしたら出てこないんじゃないかな…
一体どうしてあんな事態が出来したのか、今でも謎です。

ちなみにこれは異次元ではないのですが、私は常に髪の毛をまとめるゴムがどこか行ってしまって難儀します。どうしてなくなるのでしょうねー?
  • posted by てら 
  • URL 
  • 2008.04/08 17:04分 
  • [Edit]

ありがとうございます~~(^^;) 

異次元への入り口はどこにでもあるのかも知れない……でも若様の胃が異次元に……というのは考えたくないですね! 
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2008.04/08 18:37分 
  • [Edit]

ここだけの話 

色付きの文字

v-37「ぼくが返しておいたんです♪」
  • posted by 匍匐仮面 
  • URL 
  • 2008.04/09 22:05分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR