縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

懐かしの味。

東京生まれで東京で育ち、高校も大学も東京の学校だったので故郷と言えるものがありません。当然故郷の味というものもないのです。故郷のお土産が~~というような話を聞くとちょっと羨ましいな~と思っていました。

ところがです。やはり東京生まれ東京育ちの方と話していたら、共通して子供のころ好きだったお菓子の話がぞろぞろ出てきました。こんなのです↓


中村屋の月餅
新宿追分だんごのみたらし団子
新宿花園万頭の「春日山」
上野風月堂のゴーフル
文明堂のカステラ
泉屋のクッキー
小川軒のレーズンウィッチ
ヨックモックのシガール
六本木アマンドのリングシュー
栄太楼の梅干し飴
舟和のイモヨウカン
船橋屋のくず餅
銀座木村屋のあんぱん

あと、お店は覚えていないけどたまに貰う人形焼きが好きでした。人形の形の一口サイズカステラ焼きみたいなもの。(餡の入っているのと入っていないのがあったような気がする……)

そっか~。こういうのが東京の懐かしの味なんだわ~~……
意識してなかったけど、けっこうあるものですね♪
東京のれん市って、感じですか(^^;)
最近流行の華やかなお菓子と比べると素朴なものが多いですが、飾らない本物の味でたまに食べるとほっこりします。
だいたい子供の頃の頂き物の定番で、郷愁をそそる懐かしい味です。今は全国区で売っていて、地方にいても手に入るものもありますが。


あ~久しぶりに食べたいなあ……(笑)





*Comment

あっはっは 

そうか~、縞田さん、きっすいの江戸っ子なんですねえ。
粋ですねえ(笑)

で、リストされているお菓子、
1/3ほどはワタクシにも懐かしい味でございますよ。
東京のそういうブランド?は全国展開されているものが多かったんですかね?
特に、栄太郎飴はとっても懐かしいでございます。
  • posted by てら 
  • URL 
  • 2008.11/11 21:04分 
  • [Edit]

 

新興住宅地なので、江戸っ子って気はしてなかったんですが……(^_^;)

東京銘菓、全国展開とまではいかなくても関東甲信越・東海地方くらいまでは行っていそうですね~。仙台ではあまり見たことがないです……
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2008.11/11 22:46分 
  • [Edit]

 

東海と関東の境界辺りに住む私の場合、半分は子供の頃からの懐かしい味。半分は大人になってから知ったものですね。

船橋屋のくず餅→川崎大師のくず餅
新宿花園万頭の「春日山」→田子の月の「富士山頂」
みたいなどっちがぱくったのかな?
なお菓子の→の先が懐かしの味というのもありますが(笑)
  • posted by ドリ 
  • URL 
  • 2008.11/11 23:32分 
  • [Edit]

 

「富士山頂」って……? 調べてみたら、ソックリ! 生き別れのお兄さん!(^_^;)
上に乗ってるレーズンまで同じだ~~

「春日山」もあのレーズンがちょっと不思議だったのです。他の部分と味が合わないとうか……いつも先に食べてました(^_^;) 中にはカスタードが入ってるんですよねv(これがちょっと固い)

川崎大師のくず餅は食べたことあるかも♪ 
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2008.11/12 11:43分 
  • [Edit]

 

あ……富士山頂の上に乗っているの、実はレーズンではなくてコーヒービーンズなんです。
これだと味に違和感がないので私は富士山頂の方が美味しいと思うのです。
でも、だからこそ、かえって田子の月の方がパクって修正したんじゃないか? と思うのはナイショ。
  • posted by ドリ 
  • URL 
  • 2008.11/19 17:45分 
  • [Edit]

 

えっ! コーヒービーンズだったんですか! レーズンだと思っているからレーズンにしか見えなかった……汗

確かに酸味のあるレーズンよりコーヒービーンズの方がカスタードには合うかも……でも、やっぱり食べ慣れた春日山の方がいいかな(^^;)
子供の頃、お持たせで頂いたりすると嬉しかったです♪
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2008.11/19 18:34分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR