縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

最近のはまりもの。

相変わらずトラッドばかり聴いていますが、最近はケルト以外も聴くようになりました。

最近のはまりものをいくつか。

StarfishStarfish
(2008/08/26)
Catriona McKay

商品詳細を見る

スコティッシュ・ハープのカトリオナ・マッケイのソロアルバム。ハープ音楽というものの概念を覆された一枚。ハープというと穏やかなイージーリスニング的なイメージですが、とんでもない。音がきらきら飛び散ります。楽しくて楽しくて目がぱっちり見開いて躍り出したくなるような多彩な音色です。色で言えば七色。日本版はジャケットがいかにもハープ奏者という大人しい写真になってますが、このステキ写真はちゃんと裏側に入ってます。


トラヴェリング・ショートラヴェリング・ショー
(2008/10/05)
ダーヴィッシュ

商品詳細を見る

Dervishの最新作。これも聴いていてとても楽しい。《旋回僧》の意のバンド名はまさしく彼らにぴったりだと思います。軽やかにくるくるステップを踏むような旋律。熟成されたウィスキーのようなキャシーの歌声、まろやかで朗らかで優しくて。Dervishはハズレがないと思うけど、この最新作で常に前進していることが分かります。



Live in JapanLive in Japan
(2005/10/11)
Väsen

商品詳細を見る

最近聴き始めた北欧のストリングス、《ヴェーセン》の来日ライブ盤。ニッケルハルパというスウェーデン特有の弦楽器を使っているのですが、これが凄いのです。こんな音、聴いたことないです。重層感があるのにシャープで、キレがある音。すごく説明が難しいのですが、いくつもの旋律が螺旋を描いて天まで昇っていくような音楽です。非常にトラディショナルなのに、クールでもある。ホント、クールです。このライブ盤は素晴らしいですが、新作の「リネウス・ヴェーセン」も良いです。分類学の祖リンネがテーマ。

こちらに詳しい解説があります↓ミュージック・プラント・ショップ
ミュージック・プラント 【ヴェーセン】



A Midwinter Night's DreamA Midwinter Night's Dream
(2008/10/20)
Loreena McKennitt

商品詳細を見る

ご存知ロリーナ・マッケニットの最新アルバム。昔出ていたキャロル集に新しく8曲加えたもの。前のキャロル集も持ってたんですが、やっぱり買っちゃいました。新録だし、ミュージック・プラントさんで買うとDVDつきです。ロリーナ、やっぱり良いですよ~。まろやかに癒されます。ミュージック・プラント・ショップのものがジャケットが違って見えるのはCDとDVDを一つの紙パッケージに収めてあるからで、内側のジャケットは同じものです。

ミュージックプラントさんのロリーナ・マッケニット特設ページ↓
ミュージック・プラント 【ロリーナ・マッケニット】


ブログカテゴリを「音楽」にしたつもりがジャンルの方が「音楽」になっていた……(^_^;)
カテゴリ訂正するついでにカトリオナ・マッケイのとこにちょっと加筆。

*Comment

 

ニッケルハルパ、私の友人もってます。(笑)
http://www012.upp.so-net.ne.jp/mahya/Homunculus.html
↑ホムンクルスという名のツイン・ハーディーガーディー・ユニットです。
Live Photographの2007 February 4 : Live at PINK COW, shibuya, Tokyoに楽器演奏中の写真が出ています。

http://www.nyckelharpajapan.org/
↑日本にも協会があったりします…。(ってかあったのか!)
  • posted by Iari de Castilla 
  • URL 
  • 2009.01/10 09:47分 
  • [Edit]

 

Iari de Castillaさん、今年もよろしくお願いします(^_^)/

ハーディー・ガーディーも面白い音色ですよね~。ニッケルハルパとガーディーのユニット、ステキです♪
私の知人もニッケルハルパを弾く方にハマった方がおられます。もしかしたらIari de Castillaさんのお友だちとニッケルハルパ繋がりになっているかも……笑
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2009.01/10 12:10分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR