縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

ツバメさんのお子さん。

このあいだ発見したツバメさんの巣。
しばらくぶりに見に行きました。
巣にはお子さんたちが…………みっしり! ぎゅうぎゅう詰め!

どう見てもヒナというには大きすぎる……
もう夕方だったので、巣立ち雛が寝に帰ってるんじゃないかな~~と(^^;)
ま~それにしてもその押し合いへし合いしているのが可愛いのなんの!
赤い蝶ネクタイはまだだけど、すっかり羽も生え揃って黒い背に白い胸の素敵な若者たちになっていました。 ホントにオシャレな鳥ですね~
お母さんらしいとても綺麗なツバメさんがひゅーん! ひらり! と巣の回りを優雅に飛びまわっていました。
さすが飛行のプロ! という感じで……お母さま、お美しい方です。

お子さんたちも夏の間に飛行訓練をして、今年の秋には南の国へ初の大旅行に旅立つのでしょう。みんな頑張れ~~
そして来年の春には全員で戻ってきておくれ、と思うけれどそれはたぶん難しいのでしょうね……
小さな若鳥たちの未来に幸多かれと祈る夏の夕暮れでございました。

*Comment

小鳥ちゃんの可愛さは異常w 

はじめまして。いつも小説楽しませていただいております。
スズメもツバメも大好きなので思わず反応してしまいました。動物好きですが、特に小鳥ってどーしてあんなに可愛いんでしょうね。萌えまくりです♪

 

こんにちは、ぴょぴょち様。

私も動物ならほぼ何でもOKです!
小鳥さん、可愛いですよね~v
空を飛ぶ不思議さ、羽毛の精妙さもあって、特別な生物という感じがします……。
そしてなかなか人に懐かない、ツンデレな感じもいいです! 餌を食べて貰えただけで最高に嬉しくなっちゃうんですよね……(^^;)
こんなに可愛いのに恐竜さんの子孫だというのがまた神秘です。
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2009.08/06 19:10分 
  • [Edit]

縞田先生、ありがとうございます 

フーバニアの巨大鳥に乗って飛ぶのもロマンですが、野生動物は「見守って愛でる派」です。
ツバメやスズメは人の近くを生存圏にしてくれている野鳥なので、シーズンに巣ののあるところを発見するといつも見上げていしまいます。
ところでラノンがきっかけで検索してみました。「鳥の王」ミソサザイがあんなにまるっこいとはっ。可愛いぃっ!!(←ハナヂブーなココロですw)

 

>ぴょぴょち様

野生の生物との付き合いは気を遣いますね。今住んでいるところではスズメやツバメの他に、ハクセキレイやヒヨドリやシジュウカラも観られます。ハクセキレイは物怖じしない鳥なので、すぐ近くで見られることもあってハッピーです♪
姿は見た事がないけれどウグイスの囀りも聴こえるんですよ~。春先より随分上手に謡うようになりました!

ミソサザイはスズメよりも小さいんですよね。そんなに小さいのにとても大きな声で囀るので「鳥の王」と言われるようになったのかも。伝説では王を決めるレースのとき鷲の羽の中に隠れていて、ゴール寸前で草臥れた鷲から飛び降りて一番にゴールしたので王になった、のだそうです・笑
ちっちゃくてまんまる! でカワイイですv
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2009.08/10 12:46分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR