縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

『黄金の狩人』

ロビン・ホブの『黄金の狩人』出ました! 1、2、3巻同時発売です!
翻訳者様より頂きました! ありがとうございます~!

黄金の狩人1 (道化の使命) (創元推理文庫) (創元推理文庫 F ホ 8-7 道化の使命)黄金の狩人1 (道化の使命) (創元推理文庫) (創元推理文庫 F ホ 8-7 道化の使命)
(2010/01/30)
ロビン・ホブ

商品詳細を見る



黄金の狩人2 (道化の使命) (創元推理文庫) (創元推理文庫 F ホ 8-8 道化の使命)黄金の狩人2 (道化の使命) (創元推理文庫) (創元推理文庫 F ホ 8-8 道化の使命)
(2010/01/30)
ロビン・ホブ

商品詳細を見る


黄金の狩人3 (道化の使命) (創元推理文庫) (創元推理文庫 F ホ 8-9 道化の使命)黄金の狩人3 (道化の使命) (創元推理文庫) (創元推理文庫 F ホ 8-9 道化の使命)
(2010/01/30)
ロビン・ホブ

商品詳細を見る




《ファーシーアの一族》の続きです。時代的には《真実(ヴェリティ)の帰還》の十五年後。
十五年経っているので心配したんですが、ちゃんとナイトアイズ出てました! もう老狼ですよね……前作で出てきたときはホントにちっちゃくて可愛かった……
このシリーズは前作にも増して「気」、つまり動物との意識の交感魔法が重要になっているそうで、異世界好きだけでなく動物好きも要チェックです。冒頭、老いたナイトアイズがフィッツを気づかうところなんか、それだけでもうホロッと……

翻訳者様に伺ったところ、あとがきでネタバレはないというので後書きとそれと解説を先に読んじゃいました。
翻訳者様後書きにはヨコハマのワールドコンの時のことが触れられていて、懐かしかったです。
あのとき、ホブ先生にいろいろ質問したんですよねー
ナイトアイズはホブ先生が昔飼っていた愛犬ブルーノがモデルだとか。ブルーノは狼犬だったんだそうです(ああ、なんて羨ましい……!)
そう、ホブ先生、本当に動物がお好きなんですよ。ファーシーア・シリーズで描かれる動物たちの行動や考え方は動物好きならではと唸らされます。ナイトアイズはフィッツと付きあって人のように考えるけれど、やはりその思考や規範は人間とは異なる犬科のものなんですよ。過剰に人間らしくない。そこがいい!
ホブ先生はアラスカ育ちで、バックキープの荒々しい自然はアラスカはコディヤッック島がモデルであるとか……
それだから、この異世界には手で触れるようなリアリティがあるんですねえ……


表紙イラストは前シリーズとは変わりましたが、どちらも美しいですねー。



前シリーズの方も貼っておきましょう……

騎士(シヴァルリ)の息子 上 <ファーシーアの一族> (創元推理文庫)騎士(シヴァルリ)の息子 上 <ファーシーアの一族> (創元推理文庫)
(2004/12/18)
ロビン・ホブ鍛治 靖子

商品詳細を見る



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR