縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

帰還しました。

7日、8日とSF大会に行って月曜に東京で打ち合わせをしてから帰ってきました。はーーーー疲れた!
この三日間は普段の生活の百倍くらいの密度でした(^^;)

今回の大会はたいへんに企画充実でアレとコレが重なってしまった、どうしよう! という企画が続出。古生物企画は英国科学ロマンスと重なったので涙をのんで諦めました…。
会場のあちこちでいろんな企画が行われる分科会形式なんですよね。みなさんどれを見に行くか懊悩されてました(^^;) 

知ってる人、知らない人にもたくさんお会いし、夢のように楽しかったです。同行された初参加の方が「文化祭みたいだね」と仰っておられましたがそんな感じ。手作りプラネタリウムの手作り3D映像には大人も子供も思わず大歓声でした。ううむ、せんすおぶわんだーだあ……!


来年は静岡大会だそうです。スケジュールとカラダが許せば来年もまた行きたいです……

ドンブラコンL

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR