縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

注文しました。

2007年のヨコハマワールドコンのとき目撃した肩乗りドラゴンさん。
今年こそは! とSF大会ディーラーズルームを注視していたのですが、幻のように現れ、気付いた時には光の速さで売り切れてました……今年は三体しかお持ちにならなかったそうで、お店に出して数分で売れちゃったらしいです……(;o;) 完全手作りなので、たくさんは作れないのです……

ドラゴンギャラリー


(出しても良いですよ、と言われたのですが一応お名前の部分は消しています。尻尾から煙が出てるようになってしまった……; 小さくて読みにくいですがその隣に「色は黒、ピンク、赤があります」と書かれています)



でも、「予約受け付け」という光明がそこに!
頼んじゃいましたよ~~~(^.^;)
注文生産なので色も選べる! ということで、肩乗りちびドラゴンの黒、注文しちゃいました! ああ~遂にお迎え出来る! わくわく!



そういうわけで、ちびドラちゃんの来る日をわくわくしながら待ってます……







*Comment

 

おぉ!
とうとうドラゴンちゃんがお手元に届く予定なんですね。

うちは現在特注背中ギザギサつき・緑のエスクと、
ワンフェスで入手したミニ・薄ピンクのマーニ、
ミニ・濃ピンクのソールの3匹です。

枕元に居ます。
最近はロンドン塔で買ったワタリガラスのThorも一緒です。(笑)
  • posted by Iari 
  • URL 
  • 2010.08/11 21:13分 
  • [Edit]

そうなのです~v 

はい。とうとう我慢出来ず注文してしまいました! 
こういうものは出逢い物だから、その場で運命的に出逢った子をお迎えしたい……と、思っていたのですけれどもういつ出会えるか分からないので……つい発注という方向へふらふらと……(^^;) でも、これも運命かと!
くろチビが無事うちにやってきたら写真を撮ってアップしますね~♪

Iariさんのお宅には三匹いるのですね~~。いいなあ~~それに倫敦塔のワタリガラスさんまで! 前に倫敦塔に行った時にはいなかったような……ううむ、これも今後の懸案ですね!
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2010.08/12 16:39分 
  • [Edit]

あ~。。。 

 しまだ先生、はじめまして。
 Twitterのおすすめユーザーに先生が表示されたので覗きに来させていただきました。

 すいません(^^;
 最後に残った大きな赤ドラちゃんを養子に迎えたのは私でした。
 結構長い事どうしようかジタバタ迷ってたんですけど。。。

 ちなみに数年前のハマコンで養子にした緑の肩のりドラちゃんに続いて二匹目でした。
 大家族にするべく他の色の子も注文済みですe-351

 そろそろ作者さんからご連絡が来ないかと楽しみにしている今日この頃です♪
  • posted by まよ 
  • URL 
  • 2010.09/06 19:57分 
  • [Edit]

おお、赤ドラちゃんv 

こんにちは~、まよさん。はじめまして、でしょうか(^^;)?
会場のどこかですれ違っている筈ですよね。
作者さんが制作日数は一ヶ月くらいと仰っておられたから、もうそろそろなんですね(あれから一月近いのか……時間速過ぎる・汗)

赤ドラちゃん、まよさんのお宅に嫁入りされたのですね~~!
きっとそういう星回りだったのでしょう!
大事にしてあげてください。
ヨコハマの時、緑の大きなコは拝見した記憶が。まよさんちにいるのは、あのコなのでしょうか……v
各色揃えば大ファミリーになるのかあ……いいなあ……
でもまず初めの一歩です!

私は今回初めてお迎えするので、小さいコにしました。色は真っ黒ちゃんです。楽しみですv わくわく。
基本的にぬいぐるみは買わないことにしているんですけど、ドラちゃんは特別でして…ウォリック城に行ったとき、ブサカワなドラちゃんを連れ帰ってしまいました。あ、あと花鳥園から来たミニ梟さんも一羽いますが、これも特別ということで(^^;)

  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2010.09/06 20:40分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR