縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

へろへろ~。

今日のオヤツは一口羊羹でした。雪華堂という甘納豆の専門店のもの。小さいカップに入っているので水ようかんかと思ったらねっとり濃い味の本式羊羹でした。よく晒した小豆の味が濃厚なのでこの小ささでちょうどです。

久しぶりにカイロに行ってヘロヘロ。仙台で行っていたところは「恐くない」系のとこで、小綺麗なお兄さんとお姉さんが何人もいて道具とかを使ってちょっとずつやるのですが、ここは昔風の先生が一人でやっているカイロ(しかも先生の顔がちょっと恐い)。なんですが、何しろ近いのでここに行きます。「痛いでしょう!」「痛いですううう」みたいな感じなのですが、ガチガチの肩周りが一度でほぐれるから不思議……。先生曰く、「腕が前向きに固まっている」。ごもっとも(^_^;)

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR