縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

グウィノール年代記番外編。

携帯配信されていたグウィノール年代記番外編が一般の電子書籍ストアで買えるようになったようです。
とりあえず扱っている電子書店をいくつか見つけたので貼っておきます。
対応機種はPC、iOS、アンドロイドタブレットなど。詳しくはそれぞれのサイトでご確認下さいませ。

honto

booklive

ebookstore



タイトルは《じゃじゃ馬姫と利かん気侍女》。内容は……タイトルまんまです(^^;)
時間的には《グウィノール年代記》1巻のメルとアラストリナが出会って間もない頃の幕間的な短篇です。価格は105円。
本編未読でも独立した短篇としても読めますし、グウィノール世界への入り口としても読めます。気になりましたらメルとアラストリナ姫の小さな冒険をちょっと覗いてみて下さいませ(^_^)

*Comment

No title 

ひさしぶりにトリナさまとメルちゃんに出会えてとてもうれしいです。やっぱり『グウィノール年代記』は傑作ですね~♪
  • posted by まもる 
  • URL 
  • 2014.03/17 16:18分 
  • [Edit]

No title 

ありがとうございますv
メルとトリナのきゃっきゃうふふ、お愉しみ頂けましたでしょうか〜(^_^)v 
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2014.03/18 16:34分 
  • [Edit]

No title 

はい、それはもうたっぷり愉しませていただきましたとも。いつかぜひ続編を書いてくださいね。
  • posted by まもる 
  • URL 
  • 2014.04/02 23:28分 
  • [Edit]

No title 

ありがとうございます。機会があればまたグウィノール世界の別の時代をご紹介したいですv
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2014.04/02 23:42分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR