縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

黒子を取りました。

9月に東京に行っている間に、足の裏の黒子を切除しました。

かなり前から足の裏に黒子があるのは知っていたのですが、小さいものなので気にしていなかったのです。
それが先日、お彼岸のお墓参りで草臥れた足の裏にサロンパスを貼ろうとしたとき、久しぶりに見たら何だか色が濃くなっているような気が。以前はブラウンだったのが黒っぽい色に。
なんだか気になって実家の近くの皮膚科・形成外科に行ってみたのです。

拡大鏡で黒子を見た先生は「これは取っておいたがいいやつだね」と言い、今日取る? 予約なくても待っていれば今日取れるよ? と言われたので即決でお願いしてしまいました。
足の裏に麻酔注射(これが一番痛かった)レーザーメスでちょんちょん、あとは縫って終わり。全部で10分もかかりませんでした。レーザーメスを使うときは金属板でアースする、というのは知らなかった。
初日は大げさに包帯を巻かれたけど、二日目からは自分で消毒して絆創膏を貼っておけばいい、シャワーもOK、ただしお風呂は抜糸までダメとのこと。検査結果は二週間後。

昨日抜糸に行って、生検の結果を聞いてきました。
結果は良性で、今後心配はないとのこと。ホッと一安心でした。
取った黒子は1ミリ×2ミリくらいでサイズ的には小さかったのですが、すぐ取った方がいいという判断になったのは黒子の色が一様でなく、濃淡があったからだそうです。もちろん場所が足の裏だということも。
いまは良性でしたが、将来的には悪性化したかもしれないので今のうちに取っておいて正解だったのではないかと。


黒子を取る手術自体は簡単ですし、痛くもないので、気になったら皮膚科の診察を受けてみてください。転ばぬ先の杖、ですから。









*Comment

NoTitle 

足の裏のほくろはメラノーマになる恐れがありますから、思い切って決断なさって正解だと思います。良性とうかがってほっとしております。
  • posted by まもる 
  • URL 
  • 2014.10/08 23:15分 
  • [Edit]

ありがとうございますv 

その通りですね……
思い立ったが吉日、ということで切ってきました〜
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2014.10/08 23:25分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR