縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

小説ウィングス秋号

11月10日発売の小説ウィングス秋号、アマゾンに表紙が来ています!



小説Wings (ウィングス) 2014年 12月号 [雑誌]小説Wings (ウィングス) 2014年 12月号 [雑誌]
(2014/11/10)
雲屋 ゆきお、縞田 理理 他

商品詳細を見る



表紙は雲屋ゆきお先生! 和泉統子先生の「青薔薇伯爵と男装の執事」から。秋らしいシックな色合いが素敵ですねv
今号は小説ウィングス初登場、篠原美季先生の「琥珀のRiddle」が始まります。
イラストの石据カチル先生も初登場、カラー付きです。ダブルで初登場ということで楽しみです!

そして拙新シリーズ「ペテン師ルカと黒き魔犬」も始まります
イラストは、まち先生! 巻頭カラーです!
まだ手元に現物が来ていないので拝見していないのです……早く見たい……!
ラフで拝見しているのですよ……わんこが! わんこが! 卑怯なくらい可愛いんですよ〜〜(ごろんごろん)
カラーは扉ページが1P、見開き2Pの計三ページです。



タイトルは結局仮題のままということになりました。
中身はタイトルまんま……というカンジです(^.^;)




*Comment

祝・新シリーズ開始! 

おお、新シリーズ、いよいよ開始ですね。
ものすごく楽しみです♪
  • posted by まもる 
  • URL 
  • 2014.11/10 07:32分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR