縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

スーパーひたち対策

またスーパーひたちに乗りました。半端じゃなく揺れます。何しろ常磐線の線路を高速で走るのですから、遊園地の乗り物くらい揺れるのです。この状態で座っているとまた仙骨がゆるゆるいなること確実だったのでデッキで立っていました。座っているよりその方が楽なのです。揺れるので足も踊ります。アイポッドミニで音楽を聴きながらついステップを踏みます。だんだん当初の目的を忘れて踊りだし、一時間以上デッキで踊っていました。通りかかる人がこっちを見ないようにしているような気がしましたが、たぶん気のせいでしょう。今日はいい運動をしました。

*Comment

華麗なるステップ 

魅惑のひとときをあなたに♪

ステキすぎます、縞田さん(笑)
  • posted by ぽぽろん 
  • URL 
  • 2005.02/07 12:48分 
  • [Edit]

…で、 

今回の旅で「奥久慈白鳥物語」はゲットなさいました?(笑)
  • posted by ぽぽろん 
  • URL 
  • 2005.02/07 12:49分 
  • [Edit]

うわ。 

しまださんが、我々におとらずばかなことにほっとします(笑)
今度一緒にステップを踏みましょう~
わたくしは肩こり対策にときどき白鳥の湖を踊っていますわよ。をほほほ。
  • posted by てら 
  • URL 
  • 2005.02/07 12:56分 
  • [Edit]

 

「白鳥物語」は発見できませんでした・・・。そのかわり「茨城県庁物語」というのがあったんですが(本当です)、なんかちょっと固そうだったので(←殴)やめました・・・(^^;)

デッキでダンス、楽しいですよ~。お陰で今日は筋肉痛です(←足、なまりすぎ) 今度てらさんの華麗な白鳥の湖が見たいです。
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2005.02/07 13:11分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR