縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

本屋めぐり

今日は本屋めぐりをする予定ではなかったのですが、一軒目で目的の本が見つからず二軒目、3軒目とずるずる巡ってしまいました。目的の本は結局池袋ジュンク堂で捕獲。ちょっとネットで話題になるとすぐ品薄になりますね~。ちょっと驚いたのは西武リブロは以前は私の本が入っていたことがなかったのに、今日は1~4巻が揃っていたこと。これもネットの口コミのお陰でしょうか。ありがたいことです。ジュンク堂さんにはいつも一冊ずつはあるようです。ハヤカワのコーナーで「新しき太陽の書」発見。でも一巻は既に品切れ入荷未定になっていました。本当は2巻までは昔読んだので3巻から買う予定だったのですが、この分だとまた入手しそこなうことになりそうなので2~4巻を捕獲。2~4巻はまだ数冊ずつありました。しかし買いすぎ……読む暇ないのに……積読でも持ってるだけでもいいんだ~! と、言うと母は「信じられない!」と言います。彼女は買った本には決して寂しい思いをさせないそうです(というか、我慢がない)。図書館で読んで手元になかった「一角獣を探せ!」も買ってしまったし……。でも、90年代に出た本はけっこう取り零しているので復刊ブームはありがたいです。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR