縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

カイロ。

クリスマスが終わったのでテンプレを平常心モードのに変えました。とりあえずプロフィールは上の方についてます。字も大きめで、割と見やすいと思うのですが。

カイロに行ってきました。いつものK整体院です。先週からなんか腰がヤバいな~という感じだったのですが、昨日鏡の前に立ったらあからさまに肩の位置がズレていたので……(^_^;)
ここの先生がスゴイと思うのは、毎回同じことをしないことです。行くたびに違うことをする。腰が悪いと言っても腰には触りません。診察のとき確認するだけ。何をするかというと、ツボを押さえて足の筋をいろんな角度に伸ばします。最初は、堅くて曲げ伸ばしもままならないのですが、縮まったスジがほぐれてくると摩訶不思議なことに腰が楽になってくる。肩もそう。詰まっているのは首との境目なんですが、ほぐすのは腕。それで首の付け根の凝りが一発解消するんですよ~。神秘です。めちゃ痛いですが。
今日は首にかかったとき、「……動かない」と一言。え? 首って動くとこだったんですか~~? という感じになっていまして……(^_^;) 終わった後、「いや~今日はひどかったですね。これじゃ目がよく見えなかったでしょう」と言われてどっきり。そういえばテレビの字幕が見えないし。眼鏡の度が合わなくなったと思って年明けに新調するつもりだったんです。でも、なんか今はよく見えるみたい……もしかして、新調の必要なくなった……?

終わった後、いつももっと早く行けばな~と思うんですよね~。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR