縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

3歩進んで。

二歩戻って。また一歩進んだかな……? という感じ←つまり一歩戻ってる。

結局かなり戻ってやり直す感じになりましたが、まだそれほどせっぱ詰まっているワケではないので落ち着いて考えようと……←こう言ってる時点で既に焦りが見え見えのような……ハトのように気が小さいわたし……。

昨日までのプロットより新プロットの方が道筋は見える感じになって来たので……ぶつぶつ。ストーリーに合わせてキャラを動かそうとするからうまくないんですよね~。キャラに合わせてストーリーを作っていかないと不自然な動きになってしまうのです。この人こんなことしないよね~言わないよね~みたいな。そうするとキャラが反乱を起こして動かなくなってしまうわけで……(^_^;) でも全体の流れは外せない、みたいな……。
やっぱりキャラが一番大事なのですね~。ことライトノベルに於いては……。

*Comment

難しいですねえ 

私も同じような事を考えていました。
ストーリーにあわせてキャラを作らないと、キャラがストーリー通りに動いてくれないのです。
キャラにあわせてストーリーを作ろうとすると、ストーリー作りに四苦八苦する羽目に。
キャラクターとしての評価は後者の方が高かったりするわけですから、ライトノベルだとそっちの方向で苦しむ方が是なんだろうなあ。
ストーリにあわせてキャラを作ると、キャラが地味になるんですよねえ。
  • posted by ドリ 
  • URL 
  • 2006.01/15 15:02分 
  • [Edit]

難しいです。 

ドリさん、こんにちは~。お元気でしたか~?

ストーリーとキャラの按配、難しいですね。ドリさんのお仕事だともっと大変だと思いますが……。

新シリーズ、キャラと世界を両方、と欲張ったために四苦八苦しております。私のキャラは地味だったので、ちょっと今までにないタイプを出してみたら全然いうことをきかないんですよ……(^_^;) でもストーリーの都合でキャラを曲げると背中がカラッポな木の精みたいなキャラになっちゃいますし……。
ラムジーは素直だったなあ、と思うことしきりです。
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2006.01/15 17:17分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2006.01/16 12:22分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR