縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

バスの旅。

昨日、ついに間違ったバスに乗ってしまいました。行き先のところに私の降りるバス停がかいてあるのでつい油断したのです。ルートが違うのでえらい遠回りのやつでした……。
運転手さんにどのくらいかかりますか、と聞いたら10分か15分くらい余分にかかる、ということだったのでそれなら今から降りるよりこのまま乗っていようということになり、思いもかけぬバスの旅をしてしまいました。見も知らない住宅地の細い坂道をぐるぐる走るバスで、心細いこと甚だしく、おまけに客はつぎつぎ降りてしまってついに私だけに……(^_^;)
ホントに着くんだろうか……と思い始めた頃、見覚えのある通りに出ました。思わず「あ~ここ知っている~」などと叫ぶ私。いつの停留所は停まらないことが分かったので一つ手前で下車、荷物を引っ張って歩きました。は~でも着いて良かった……。

バス代はいつもの1.5倍くらいでした。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR