縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

買っちゃっいましたv

買っちゃいました。bill jones の『Two Year Winter』。
2枚入りでオトクです。で、二枚目をitunesで読み込んでみたらどういう訳かアルバムタイトルが『Bits & Pieces』になってました。こっちは4曲だけなので、オマケなんでしょうか。

まだ聴き始めですが、良いですね~。柔らかくてまろやかで暖かい。それでいてリスの尻尾みたいにするする滑らか。最初にbill jonesを聞いたとき、オンヤ・ミノーグ(Aine Minogue)に似ていると思ったのですが、むしろアン・ブリッグズ(Anne Briggs)の素朴さに似ていますね。オンヤ・ミノーグの声はフロストシュガーみたい軽く溶ける甘さなのですが、ビル・ジョーンズは糖蜜みたいにまったりコクがある甘さで、このへんがアン・ブリッグズと同系統だと思うのです。アン・ブリッグズは「The Time Has Come」しか持っていないのですが、今は入手困難のようです。こういうのをituneミュージックストアで扱ってくれれば良いのに~。

*Comment

はじめまして 

はじめましてこんにちは。
ネットサーフィンしていてこちらに辿り着いたのですが、音楽のカテゴリーに書かれていることに驚いています。
「えっこれって私のこと!?」と錯覚してしまいそうな内容ばかりで。
自分と似た志向の人がいるなんて、とすごく嬉しくなってしまい、思わずブックマークしちゃいました。
またお邪魔するかもしれませんが、その時はよろしくお願いします。

「バラッドの世界」は私も最近買いました^^
  • posted by バートっち 
  • URL 
  • 2006.03/31 16:57分 
  • [Edit]

いらっしゃいませ~。 

はじめまして、バートっち様(^_^)
ご来訪&ブクマありがとうございます。
うちは音楽記事、あんまり無いんですよ~(^_^;) CDで聴いてるだけなもので……。今そちらを拝見させて頂きましたら、英国トラッド情報、質・量ともにすごい充実ぶりですね! 一度では読み切れないのでまた伺わせて頂きますねv 

近頃ではテレビCMとかにさりげなく英国やアイルランドのトラッドが使われてたりして、おっ! と思うことがあるのですが、日本での知名度はまだまだですね……。でもネットではときどき同好の士にも出会いますし、もっとポピュラーになるように布教しましょう~。
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2006.03/31 17:45分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR