縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

黒Mac続き。

黒いMacbookは上位機種80Gだけらしいです。持ち歩いたとき黒Macだったら上位機種と判る仕組み←イヤらしい商売だ~。

デュアルモニターはサポートみたいですが、液晶が光沢タイプらしいです。光沢タイプは写り込みで目が疲れるからいやん、ですわ~。まあ、いずれにしても急いでnoteを買い替える予定はないのですが。ないのですがね~~つい見てしまふ……(^_^;) 
あ、足は取れにくくなったとか。テクスチャについてのレポートはまだ見つけていません。やっぱりお店で触らないと駄目なのかしら……。

*Comment

指紋はつくか? 

黒のMacノートの表面についての記載をPC Watchで見つけました。

「ブラックモデルは、アップルによると塗装ではなく、黒いポリカーボネイトの表面に透明なマット調のコーティングを行なったものだという。コーティングはかなり丈夫で爪で擦っても傷が付かず、指紋もあまり付かないものだった。使っているうちに角の塗装が剥げ落ちることや傷が入ることもあるだろうが、地の色が黒であるため、いくら使い込んでも“黒さ”を失うことはない。」

一瞬くらっときましたが、少し前のだけど12インチPowerBookで結構なんでも出来るし年明けにiMac G5を買ったばかりだし、それでも2kgを切ってたら危なかったですが理性を保ちたいと思います(^-^)
ところでATOKの顔文字機能初めて使いましたが、おもしろいです。顔文字をあまりよく知らないのでこれがあれば安心して使えるとも云う……ATOKといえば、インテルMac対応の「ATOK 2006 for Mac」が7月発売だそうです。Windows版とMac版のセットも販売するところがなんだかインテルMacを買えと云われてるようでびみょーです。
  • posted by fn 
  • URL 
  • 2006.05/22 22:47分 
  • [Edit]

ほおお~~。 

黒字に黒を塗り重ね、ですか。林檎屋らしいこだわり方ですね~。指紋もつきにくいですか~。と、聞くとどうしても白より黒、に行ってしまいそうですねえ~。とはいえ、私のも12インチpowerbookまだまだ使えるし……新製品が出るとくらっと来ちゃいますが、冷静に冷静に~~←自戒。
ATOK2005の顔文字パレットは使ってますよ~(^_^) あと、話し言葉変換が便利。でも夏に出るEGWORD15を買うつもり(そうするとbridge16がタダでついてくる)なので次のATOKはインテルMacに乗り換えてからですね。その頃にはもうATOK2007か2008版になっているかも……。
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2006.05/22 23:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR