縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

《妖精のレジェンド》The Ultimate Collection

Amazonアソシエイトのレポートで音楽CDをクリックしている方が多いことに気を良くしてClannad、行きます。《妖精のレジェンド》ってちょっと恥ずかしい邦題がついてますが、クラナドのベストアルバムです。通常ベストアルバムというものには色々言いたいことがあるものなんですが、これは選曲のバランスがよく、クラナド入門には最適の一枚かと。もひとつ言えば、ケルト音楽入門にも最適のアルバムです。

clannadというバンドはエンヤの兄姉がやっている、ということで有名になっちゃったんですが、音楽性はかなり違います。
ケルト音楽というとまずエンヤ、という感じになっていますが、実を言うとエンヤはケルト音楽の中でも特異な存在。一属一種みたいなものです。クラナドの方はエンヤよりもポップス寄りなんですが、コテコテのアイルランド民謡もやってます。エンヤはポップスでもなく、コテコテ民謡でもないですから、それはもう全然違うわけです。

このThe Ultimate Collectionですが、代表曲とも言える「ハリーズ・ゲームのテーマ」から「ドゥラマン」のようなコテコテ系までという大変幅の広い選曲です。「ハリーズ・ゲームのテーマ」は以前車のコマーシャルに使われていたこともあるので聴けば「ああ、あの!」と思われるはず。ヒーリング系ですが、イージーリスニングではなく情感豊かに歌われます。
このハリーズゲームのテーマも非常に美しい曲ですが、私はちょっとマイナーな「I will find you」の方を強く推します。I will find you……わたしはきっとあなたを見つけるだろう……その歌声は切々と胸に訴えるようです。

Two sisters や Sinil A Run といったトラッドの定番もあり、オリジナル曲もあり。このTwo sistersはCruel sisterと同じ内容の曲らしいのですが、陽気な曲想に驚かされます。しかし、よく聴くと内容はやっぱりエグい……クルエル・シスターよりエグイかも(^^;)
「New grange」はややエンヤに近い現代音楽風。 ゲール語で歌われるMlorag's Na Horo Gheallaidhの力強い味わいも素敵です。In A LifetimeはU2のボノが男性ヴォーカルとして参加しているとそうなのですが、うう~ん、どうでしょうか。言われてみればそんな気も。

妖精のレジェンド~ベスト・オブ・グラナド 妖精のレジェンド~ベスト・オブ・グラナド
クラナド (1997/11/21)
BMG JAPAN

この商品の詳細を見る




いかがですか? エンヤがお好きなら次はクラナドに挑戦してみては。そしてやがてはコテコテへの道へ……(笑)

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR