縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

《フィーヴァードリーム》

この物語は、吸血鬼譚である以前に異種交流譚です。

暑くけだるいニューオリンズ、大河を悠然とゆく豪華な外輪船がこの物語の舞台。ファーマーの《リバーワールド》の例にもあるように外輪船というのはアメリカ人にとって特段に郷愁をそそるもののようで、この物語においてもマーティンの筆によっていきいきと活写される船の様子が独特の豪奢でかつ荒々しい独特の雰囲気を醸し出しています。そしてまた船というのは閉ざされた極限空間にもなり得るわけで、いやがうえにもサスペンスを高めていくわけです。

しかし《フィーヴァードリーム》における最も重要なテーマは《友情》。それも種族を越えた友情です。吸血種族を未来へ導こうとする若き指導者ジョシュアと普通の人間で外輪船船長アブナー(おっさんです)。この二人の友情が熱い! のです。
ジョシュアはホントは数百歳いってるんですが、理想主義とか非常に青いのでアブナーの方がずっと大人に見えます。アブナーおやじ、いい味出してます。(ちなみに、「ジョシュア」という名は「イエス」という名のバリエーションです)
もちろん対立勢力との闘いもあり、クライマックスはノンストップ・アクション。そしてラストはほろりときます……。
長らく入手困難本になっていたのですが新装版で再版されました。今ならまだ入手可能! きょうび、本というのは逃げ水みたいなもので、そこにあると思ってもすぐなくなります。またするりと逃げてしまわないうちに、ぜひ入手して下さい。異種交流譚の傑作です。


フィーヴァードリーム〈上〉 フィーヴァードリーム〈上〉
George R. R. Martin (1990/10)
東京創元社

この商品の詳細を見る


フィーヴァードリーム〈下〉 フィーヴァードリーム〈下〉
George R. R. Martin、ジョージ・R・R・マーティン 他 (1990/10)
東京創元社

この商品の詳細を見る



(実は私は表紙がジョシュアのイラストの旧版で持っているのですよ。ふふふ~~)

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR