縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

季節の味。

《今日の料理》のグッチさんオススメの寿司酢とオリーブオイルだけの簡単ドレッシング、やってみたら本当に美味しかったです。
このドレッシングと季節の野菜と安いマグロ切り落としで作った贅沢サラダがとても美味しかったので、忘れないように書いときます。

材料
長芋  10~20センチ
ミョウガ  2~3個
マグロ切り落とし(又は山掛け用ブツ切り)  適宜
寿司酢ドレッシング(市販の寿司酢にエクストラバージンオリーブオイルを半量~同量加えたもの)  適宜→多めの方がいいです。二分の一カップくらいは必要。

作り方
*長芋は皮をむいて三センチ長さの太めの千切りにする。
*ミョウガは洗って刻む
*深めのサラダボウルに長芋の千切りを盛り、マグロ切り落としを乗せる。
*刻みミョウガをトッピングし、寿司酢ドレッシングを全体にたぷたぷになるくらいたっぷりとかける。

 出来上がり。好みにより黒胡椒をきかせます。長芋がサクサク、ドレッシングがとろ~りとなって爽やかな絶品。刺身に醤油を使わないのは「えっ?」と思われるかも知れませんが、かえって魚の味が綺麗に出ます。醤油はそれだけでも味が強いので、よほど良いものでないと魚の味を殺してしまうような気がしますね~。薬味は大葉も合いますが、ミョウガだとよりいっそうサワヤカサが引き立ちます。

そして。これが残ったらラップして電子レンジでチン! すると翌日「長芋のマグロ乗せ蒸し」が頂けますよ~。

マグロが無い場合、山芋とミョウガだけでもけっこういけますよ~~(^_^;)


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR