縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

新種の生物……?

先週の月曜日に「あがり~v」だった筈の原稿の書き直し、昨日ようやく発送しました。発送した日と次に日は一応オフということにしています。なにせ二つのことが一度に出来ないという難儀なアタマなので切り替えないとダメなのです。今日は引っ越しの前準備を少しは進めようと決意。台所の暗部に向かったわけなのですが、そこにはいつとも知れぬ遙かなる過去からそこに存在していたらしい「かるぴす」なるものが在ったのです。蛮勇をふるって栓を抜くと……………………中から茶色い物体が………………! 個体と言って良いほど粘性の高いどろどろした物体がその瓶の中から「とっとっとっ」という音とともに姿を現したのです。ひええええええ~~~! いや~~ビックリしました~~(^_^;) 別に変な匂いはしなかったですけれどね。もしかしたらあの瓶の中では何か新種の生命が発生してたのかも知れない……とも思いましたが、既にそれは下水道の彼方に去ってしまったのでした。もしかするといつか巨大生物に成長して帰ってくるかも…………。怖いです。

*Comment

巨大生物 

どれだけ進化しても鳴き声は「とっとっと」
カルピスが核になっているから子供に優しい生き物で、愛情いっぱいに育てあげると茶色かった毛並みが純白に!
さぁ、あなたもとっとっとを育ててみませんか?
  • posted by ぽぽろん 
  • URL 
  • 2005.03/01 09:26分 
  • [Edit]

「とっとっと」 

いつの間にかそんな名前が……(^_^;)!
茶色いのは幼体だったからなんでしょうか。成長するとアレが白に……。でも育て方を間違うと黒「とっとっと」が出来るような……(¨;)
そして、実は梅酢の瓶にも新種の生物が……! シャイなのかどーしても瓶から出ないんです……。
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2005.03/01 10:08分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR