縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

《blood alone》3

blood aloneの三巻が出てました。例のオタクな本屋さんで発見・捕獲したのですが、新刊なのに棚ざしで一冊しかありませんでした……。でも、地方の本屋さんでは一冊でも入るのはラッキーなことなのでしょうか。

BLOOD ALONE 3 (3) BLOOD ALONE 3 (3)
高野 真之 (2006/06/27)
メディアワークス

この商品の詳細を見る


今回もほのぼのモードでした。ミサキちゃんが凶悪なまでにカワイイです。
少年の姿の旧い吸血鬼、ヒグレがまた可愛かったなあ~~。でも私の贔屓は用心棒吸血鬼のスライなんですが(キザですよこの人!)
しかし、クロエとミサキの幸せが長くは続かないことは判っているんですよね……。ミサキのクロエに対する思慕は思春期前の少女が年長の男性に対して抱く疑似エレクトラ・コンプレックスのようなもの。一方、クロエは完全に保護者です。ミサキが普通の少女なら、彼女はいつかクロエに追いつくことも出来るかも知れない。でも、ミサキはもう成長することはないのです。少年の姿のままのヒグレの存在がそれを残酷に告げている。ミサキはまだ気付いてはいませんが……。

ミサキとクロエの過去について、暗に示唆されるシーンがありましたがほとんどのことは謎のまま。先はまだ長そうです。ゆっくりで良いですから、長く続いて欲しいシリーズですね。

*Comment

4巻 

ついに出ましたね~♪
でも、「え~っ」ってところで続く、に。
過去編なのに・・・
次巻はまた1年後でしょうか・・・?くすん。
  • posted by うに 
  • URL 
  • 2007.07/04 01:06分 
  • [Edit]

出てましたか~ 

また「つづく」なんですね……(^_^;)
月末に地元の本屋さんに行ったけれど、まだ入ってませんでした……
ずっと来ないようなら尼損かなあ~~
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2007.07/04 10:59分 
  • [Edit]

5巻が 

いつの間にか発売されていました~

過去編、意外とあっさり終わりましたね。
ミサキちゃんのかわいさはあいかわらずですが、
クロエも2割増しカッコよかったです。
  • posted by うに 
  • URL 
  • 2008.05/11 20:39分 
  • [Edit]

え~~ 

いつのまに~~~買いに行かねば…………
クロエ二割増しですか! わくわくv
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2008.05/11 21:30分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR