縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

メジルシセン。

まだ胃の調子が悪いのでお昼はインスタントのスープかけご飯にしました。電子レンジで出来る……らしいのですが。

説明書き

 メジルシセンを前にして~

「メジルシセン」? 「メジルシセン」ってナニ……?

1分くらい考え、ようやく「目印線」だと気付きました。あ~~そういえば容器の外側に何か黒い点線のようなモノがプリントされていますが……。
しかし、「メジルシセン」という謎の単語としてインプットされてしまったため、なかなかその説明書きの意味が理解できず難儀しました。言葉というのは有機的なもので、一度意味を見失ってしまうと全体が分からなくなってしまうわけで……←そんな大げさな。

作り方を解読するのに三分くらいかかりました。作るのは二分くらい……(^_^;) ご飯を電子レンジで暖めて、具材をいれてお湯をかけるだけなんですけどね……。

あっさり味で、ご飯もふっくら。なかなか美味しかったです。今日のは鳥スープ味だったのですが、他の味も買ってあるので順次試してみます~。


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR