縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

コメントスパム

トラックバックスパムが減ったと思ったらコメントスパムが増えてますね~。トラックバックを承認制にするところが増えてきたからでしょうか。
今度は閲覧で有名歌手のチケットが当たる、と謳った名前もタイトルもない誘導アドレスが貼られてました。何かが貰える、というサイトは個人情報の収集が目的の可能性がありますから、要注意です。
削除&禁止設定。いたちごっこですが……。

*Comment

でしょ? 

私がコメントもトラックバックも全面禁止した気持ちがわかったでしょー?
私んとこでああいう感じだったんだから、しまださんとこはもっと酷いでしょうね~。

馬頭観音、実物は見たことないです。
もちろん牛頭観音も。
ガネーシャの像はよく見るんですけどねえ…
  • posted by てら 
  • URL 
  • 2006.09/21 22:38分 
  • [Edit]

スパムはね~。 

ホント困り者ですね~。承認制にすれば落ち着くかとも思いますけどね~。

馬頭観音、アタマの上にに馬の首がついてるの。でも近所のは文字で「馬頭観世音菩薩」って刻んであったから分かったんで、そうでなきゃ全然わからなかったです。馬頭様、近ごろは競馬場とかに祀られてるそうですよ~。(サラブレッドの供養をするの)

牛頭観音ってのはないと思いますよ……(^_^;)
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2006.09/22 00:49分 
  • [Edit]

牛頭なら 

やっぱ牛頭天王ですね。
スサノオ系の神社にいるそうです。
横から失礼しました。
  • posted by josan 
  • URL 
  • 2006.09/22 02:46分 
  • [Edit]

ええっ!? 

馬頭観音はいても牛頭観音はいないの?
牛頭天王になるの??
スサノオ系ですか~。
うーん、奥が深い。
彼ら神様の由来を知らないのでどういう扱いになってるかも弱いんですよね~。
  • posted by てら 
  • URL 
  • 2006.09/22 07:59分 
  • [Edit]

馬。 

>josansさん
牛頭天王はみたことないです。スサノオ系ですか。どこに行けば見られるのかしら……。この辺、関東圏なんで国つ神系の神社はけっこうあるようなんですが……。

>てらさん
馬はとても特別な動物で、「宇宙と同一視される」とも言われるから観音になってもおかしくないのかも。もともとは「馬に乗って衆生を救う天輪聖王」が起源だったらしいんですが、馬の方が頭に乗っているのは何だかヘン……。

  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2006.09/22 11:15分 
  • [Edit]

牛 

私も実物の像はみたことはないですね。

以前は素盞嗚尊と同一視されて、八坂神社や氷川神社で祀られていたそうです。
そっち系か「天王神社」とかが狙い目?
(狙ってどうする^^;)

牛と言えば、思い出すのが小松さんの「件」と高橋克彦の「竜の柩」。前者はめちゃくちゃ怖かった。後者は壮大なこじつけが面白かったです。

インド、シュメール、ギリシアには牛さん系の神や化け物がいますが、ケルトやゲルマンはどうなんでしょうか?あまり聞きませんね。
  • posted by josan 
  • URL 
  • 2006.09/22 11:43分 
  • [Edit]

氷川神社 

氷川神社っていうと、何だか身近ですね(^_^;) 実家の近所にもありました。こういうのって、たまたま行った先で見つけたりするのが面白いんですよね。

「件」は怖いと言うか妙に気持ち悪かった記憶があります。「竜の柩」は残念ながら未読です……。

牛さん信仰は、インドからスペインまで、地中海にそってずっとユーラシアに広がっていますね。その最終形態がスペインの闘牛なわけで。インドの聖牛信仰と、地中海のタウロボリズムが同根なのかどうかは諸説あるのと思いますが……。
ケルトでは牛は聖なる犠牲獣ですし、「クーリーの牛争い」で王と女王が取り合いをする牛は化け物みたいに巨大ですが、やっぱそれでも牛は牛なんですよね。牛自身の化身とかモンスターは聞きませんね……。
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2006.09/22 11:56分 
  • [Edit]

件! 

へー、小松さん書いてるんですか!
竜の柩は確かに面白かったです。
こじつけなんだろうけど、だんだんそんな気がしてくるところがまた凄いです。

とりあえずまあ、牛のばけものというと件が出てきますねえ(笑)
  • posted by てら 
  • URL 
  • 2006.09/22 16:59分 
  • [Edit]

牛の化け物と言えば。 

ミノタウロスでしょう~!
あと牛頭鬼馬頭鬼。地獄の獄卒ですね。

「竜の柩」面白いんですね~~ちぇ~私だけ読んでないの……。
「件」は確かアンソロジーか短編集に入ってた短編だと思います。内容はよく覚えてないんですが、気味悪~い話だったような。
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2006.09/22 17:11分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR