縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

買っちゃったv

バート&ジョンを買って「バート・ヤンシュ良い~」と騒いでいたら、ある方面から「ジョン・レンバーンも良いよ」という声がかかったので買ってみました。John RenbournのA Maid In BedlamとThe Enchanted Garden。アイチューンズストアにもあったのですが、とある理由でアマゾンで。数日前に届き、現在ヘヴィーローテーション中。

はっきり言って、すごく良いです。「バート・&ジョン」は明らかに現代音楽なのですが、ジョン・レンバーン・グループ名義のこの二枚はルネサンス音楽を彷彿とさせる端正な、ピュアで美しい音です。英国フォーク三美神のひとつと言われるテューダー・ロッジを最近手に入れたのですが、それよりむしろジョン・レンバーン・グループの方が正統な古楽の継承者のように思えます。

A Maid In Bedlamはこちらのロセッティのジャケット。


Maid in Bedlam Maid in Bedlam
John Renbourn (2004/09/27)
Castle

この商品の詳細を見る


そしてThe Enchanted Garden ですが、これが実はジャケットが二種類あったのです。アイチューンズストアではUS版のこのジャケット。リチャード・ダッド作「妖精の樵の入神の一撃」です。

The Enchanted Garden The Enchanted Garden
John Renbourn (1991/07/01)
Shanachie
この商品の詳細を見る



でも、私が買ったのはこちら。UK版です

The Enchanted Garden The Enchanted Garden
John Renbourn (2005/04/11)
Castle

この商品の詳細を見る





amazonで買ったのはUK版の現物を買えばUS版のジャケットをアイチューンズでダウンロード出来るのではないかと思って……(^_^;) 

やってみたところ、出来ました。そういうわけで今アイチューンズ7の方にはダッドのジャケットが表示されます。でも、楽曲の端正さにはUK版のジャケットの方が合うようです。

*Comment

おお~ 

 iTSにジョン・レンボーンが入っているとは知りませんでした。今度買おうと思います。ありがとうございます。
  • posted by うさぎ屋 
  • URL 
  • 2006.10/13 20:07分 
  • [Edit]

お好きでしたか~(^_^) 

あったんですよ~。
ただメイド・イン・ベドラムは無かったのです。あったのは上記のThe Enchanted Gardenと、Sir John Alotだけでした。あとコンピレーションに一曲入ってるのがありましたが……。

それにしても美しいですね。ギターの音色がこんなに美しいなんて知りませんでした。ハープのようにピュアな音でした。
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2006.10/13 20:17分 
  • [Edit]

古楽と言えば 

こんばんは~。
ジョン・レンボーンはこの辺りは丁度古楽とトラッドとインドのピラミッドの中にいた時期のようですね。それが、見事に融合しているのがすごい所です。

テューダー・ロッジは名前はテューダーだけど、どっちかというと正統派のフォークって感じですよね。私は三美神の中では最後に聞いたんですが、綺麗過ぎて今ひとつピンときませんでした。スパイロジャイロのだみ声の方にしびれてました^^;。

古楽と言えば、やっぱりアメイジング・ブロンデルを是非聞いてほしいです。グリフォンより縞田さん向きだと思います。おっさん3人ですが、歌声は素晴らしいです。しつこくてすみませんが、ブロンデルをよろしくお願いしますm(__)m。
  • posted by josan 
  • URL 
  • 2006.10/14 03:07分 
  • [Edit]

良いですよね~(^_^) 

ジョン・レンボーン、すごく良かったですv
アメイジング・ブロンデル、ばーとっちさんのところに詳しいレビュがありました。これも良さそうですね~。アマゾンは品切れですが、英国ロック系のショップで置いてるところがありました。代引き使えるところに頼んじゃおうかと~(^^)/
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2006.10/14 11:45分 
  • [Edit]

買っちゃいましょう! 

ガーデンシェッドさんで"Evensong + Fantasia Lindum" 扱ってますね。
今在庫があるかどうかはわかりませんが、代引きはできる筈です。
これは2ndと3rdを一枚のCDに収めちゃったものです。この中の、組曲Fantasia Lindumは傑作です。
ブロンデル宣伝担当と化してます^^;。
  • posted by josan 
  • URL 
  • 2006.10/15 01:11分 
  • [Edit]

在庫。 

あるそうです。もう注文しちゃいましたv  
二枚分入ってるというのがオトクですね~。楽しみに待ってますv
  • posted by しまだ 
  • URL 
  • 2006.10/15 19:00分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR