縞田理理の《とろいのです》。

本、音楽、映画、オヤツなどについてちょびちょび 書いていきたいな~と。感想はネタバレなしの方針で。

小説ウィングス秋号。

小説ウィングス秋号が発売になりました。表紙は石据カチル先生! 麗しい〜〜❤️


IMG_1581.jpg


「トロイとイーライ 魔法学科のフェローたち」後編掲載されてます。
後編では前編で歩み寄ったトロイとイーライの関係にひびが入っていまいます。
そしてイーライに最大の危機が訪れたとき、トロイはどうするのか……?

「トロイとイーライ」はこれで完結ですが、冬号に番外短篇を書かせて頂くことになりました。
本編の結末のすこし後のお話しです。
「トロイとイーライ」本編ではトロイの使い魔動物がいないままなので可哀想かなあと思いまして……そっち方面のネタでいきます。もふ度が高いものになる予定。





そして小説ウィングス秋号のプレゼントのお知らせです。
プレゼントはA「青薔薇伯爵と男装の執事 番外編」 、B「異人館シネマの料理人」からです。抽選で各3名様に。
全サは篠原美季先生のペーパーコレクション。〆切りは18年2月10日。応募には綴じ込みの愛読者カード(コピー不可)が必要です。詳しい応募に決まりは表紙裏ページにありますので、応募の決まりを守ってどしどしご応募下さいませ。

IMG_1584.jpg



満16年。

小説ウィングス秋号に「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が掲載されたのは2001年の今日でした。
今日でデビュー満16年ということになります。ここまでやってこられたのはひとえに支えて下さった読者の皆様のお陰です。ありがとうございました<(_ _)> 篤く御礼申し上げます❤️

そして一緒にやってきた編集さん、素晴らしいイラストを描いてくれたイラストレーターさん、デザイナーさん、校正さん、印刷さん、書店さん、本造りに関わるすべての人に感謝です。ありがとうございました〜!

明日からは17年目に入ります。
気を引き締めてやっていく所存です。
2018年には何を書くか。みんなが読みたいもの、私が読みたいものは何なのか。
いろいろ考えております。
みんなが幸せになれる物語は何なのか……読者さんも、版元さんも、書店さんも、私も幸せになれる物語。
それを考えていきます。


デビュー作となった『裏庭で影がまどろむ昼下がり』は後に連作短編集として刊行されました。
まだ出版社在庫がありますので版元直販か書店さんでお取り寄せ頂けます。

裏庭で影がまどろむ昼下がり


この作品のテーマは「誰にだって愛される価値はある」でした。
幸せとは何かを追求していた頃に描いたものです。
人間不信の不良少年と、人間が大好きなモンスターのお話し。

裏庭公式



「台所のドラゴン」第5話。

みよしふるまち先生による「台所のドラゴン」コミカライズ第五話更新されました❤️ 

https://comic.pixiv.net/works/3559  

前回に続いて今回もちょっとどきどきの展開です……ちいさな「トカゲちゃん」の真の姿の片鱗が見えるかも……


第6話は12月15日更新予定です。

Kindle unlimited


「ペテン師ルカと黒き魔犬」上下巻がKindle unlimited になりました。
アンリミテッドお申し込みの方は無料でお読み頂けます。これから申し込まれても30日間お試し無料なので、その間に読み切ってしまえば無料です。この機会にお試し如何でしょうか。

ペテン師ルカと黒き魔犬 上
ペテン師ルカと黒き魔犬 下


ルネッサンス期のイタリアを思わせる華やかな世界を舞台にした冒険と陰謀と友情の物語です。
主人公ルカは古代魔術「力の術」の継承者ですが、教えてくれる筈の父が殺されてしまったため「力」を使いこなすことができず、相棒のサーロは黒い小犬の姿のまま本当の姿になれず、記憶を失ったまま放浪していました。
この二人……というか一人と一匹が出会い、本当の自分や仲間を見つけ出していきます。
他に腹黒な男女双子の銀行家やその婚約者の絶世の美男美女がでてきます。



「ペテン師ルカと黒き魔犬」の主役コンビはこんな感じ



上巻説明
下巻説明


表紙とイラストは まち先生 です!
ひとつお伝えしたいことは、電子版にはカラーイラストが含まれていないということです。
電子版のカラーは表紙絵のみなのです。
書籍版の方には上下とも一点ずつまち先生の素晴らしく美麗なカラーイラストが収録されています。
アンリミテッドを試し読みして気に入られましたら是非書籍版を御手元に❤️
今ならまだ書籍版の出版社在庫がございます。

こちらのリンクから版元直販ページに跳べます。

新書館 ウィングス・ノヴェル ペテン師ルカと黒き魔犬 上
新書館 ウィングス・ノヴェル ペテン師ルカと黒き魔犬 下


または、こちらの画像を保存して本屋さんに見せて頂くと簡単にお取り寄せができます。

ルカ公式上巻
ルカ公式下巻



電子化されているので増刷される可能性はありません。
まち先生の美しいカラーイラスト入りの書籍版、この機会に是非ご入手検討下さいませ。


「台所のドラゴン」第四話。


みよしふるまち先生による「台所のドラゴン」コミカライズ第四話公開されております(^_^)v


台所のドラゴン


日々成長していく「トカゲちゃん」は好奇心いっぱいですが……
四話はどきどきの展開です……!

苦手なもの。

ブログ、一ヶ月開いてしまって広告が表示されてるので何か書かねばなのですが……

書くことがあまりなく。

いま「トロイとイーライ」の前後編の真ん中あたりなので、ご報告することがないのですよ〜〜
後編は11月10日発売の小説ウィングス秋号に掲載。完結です。

……と、それくらいしか。
なにか、自分のことを書いたら良いんじゃないかと考えたのですが、そう考えてみると自分のことを話すのが苦手だったということに気付いたのでした……

世の中には自分について話すのが得意な人もいて、たまさか隣に座っただけでその人の家族構成から仕事から先祖の恋愛事情まで知ってしまうこともあるけれど、私は黙って聞くだけ。(聞くのは、割と得意なんです)

たぶん、その自分について話すのが苦手、が自分の作品について説明するのが苦手、にも繋がっているんですよね……
読めば分かるから、と思ってしまう。私の作品は広く大勢に読んでもらうタイプというよりは、好き者向けだという自覚があるので、ならばそういうのが好きな人に読んで貰えればいいかな、と……

しかし「そういうの」が「好きな人」に対し、この作品は「そういうの」である、ということが知られなければまず気付いて貰えないということに気付いてしまった……読んで貰えないことには誰にも伝わらない……

う〜〜ん。苦手とか言ってないでなんとか意識的に説明していくようにしないといかんですね……
ツイッタで発売告知は頻繁にしてるのですが、作品の良さを力説とかが全然まったく出来てない(反省!)。

いや、読めば面白いんですよ!

自分で読み返してもつい最後まで読んじゃうくらい面白いです。結末を知ってるのに。

とりあえず、最新作《不死探偵事務所》

不死探偵事務所web



富豪で不死身の魔導師で悪魔のような超絶美形ネロ。
殺し屋志願の天然天使系ジゴロ、シモン。

騙されてネロを殺しを請け負ったシモンと、うっかりシモンを奴隷にしてしまったネロの奇妙なバディが摩天楼の街で事件を解決したり、ギャング相手にオオアバレしたります(オオアバレするのが誰かは秘密だ……)

ネロの抱える秘密、そしてシモン自身も知らないシモンの謎とは……。

スカッとしますよ〜〜

ブックメータのページ
https://bookmeter.com/books/11548338

公式試し読み




無料試し読み「台所のドラゴン」第3話。

ピクシブコミックに「台所のドラゴンコミカライズ第3話無料試し読みがアップロードされました!

漫画化を手掛けて下さったのはみよしふるまち先生です!

台所のドラゴン


ビックリの展開です〜個人的にスラヴェナさんが好きv いい性格してます♪ 

そしてトカゲちゃんは今回も可愛いです〜❤️

5月号予告


プレゼントのお知らせ。


発売中の小説ウィングス夏号のプレゼントのお知らせです。


IMG_1220.jpg


夏号の抽選プレゼントは

A 不死探偵事務所、B 琥珀のRiddle、C 三千世界の烏を殺し の三種類です。

お好きなプレゼントお選び下さい♪

拙作「不死探偵事務所」からは如月弘鷹先生による美麗な表紙と口絵のイラストカード、SSペーパーの三点セット。
如月先生のイラストカード、本当に素敵です〜〜ヽ(^。^)ノ どしどしご応募下さいませ。

FullSizeRender.jpg




そして夏号の全プレは菅野彰先生のウィングスペーパーコレクションです! 

プレゼントとウィングスコレクション、どちらも巻末の愛読者カードが必要です(コピー不可)。
プレゼントは抽選、ペーパーコレクションは全プレです。
コレクションにお申し込み頂くには返信用封筒と切手が必要です。
詳しい応募要領は小説ウィングス夏号でご確認ください。
締め切りは11月10日。当日消印有効です。どしどしお申し込み下さいませv



Menu

クリック募金

Jword東日本大震災クリック募金

JWordクリック募金

みちのく未来基金

プロフィール

しまだ

  • Author:しまだ
  • 万年駆け出しのファンタジー小説家。湿った日陰や本棚の隅っこでほそぼそ生きてます。
    ウィングス小説大賞出身。入選作は「霧の日にはラノンが視える」ですが、「裏庭で影がまどろむ昼下がり」が2001年11月10日発売の小説ウィングス秋号に先に掲載されたのでこちらが実質デビュー作。
    好きなものはケルトと妖怪と動物と怪獣。

公式サイト 

新・よこしまです。

Google+



in English/英語版

最近の記事

被災地にスープを

1クリックで被災地にスープ1缶が届けられます。

キャンベル I can project

ユニリーバ東日本大震災募金

東日本大震災復興支援クリック募金

日別アーカイブ

ウィングス文庫

QRコード

QR